2010年04月05日

日本の車両技術 国際標準めざせ 鉄道総研に新センター(産経新聞)

 日本の車両や運行管理システムを国際標準にし、激しさを増す世界の高速鉄道市場に売り込もうと、鉄道総合技術研究所(東京)内に1日、「鉄道国際規格センター」が発足した。メンバーはJR東日本や東芝、日立製作所などからの出向者ら計17人。

 鉄道の国際規格は、国際標準化機構(ISO)や国際電気標準会議(IEC、いずれも本部ジュネーブ)など3機関が審議し定める。

 しかし、鉄道総研によると、日本の取り組みは欧州諸国に比べ遅れているという。その中で、米国の高速鉄道をにらみ、得意とする電気・通信分野を中心に国際規格化を図りたい考え。

【関連記事】
新幹線売り込み米国に照準 ODA活用など政府支援がカギ
700系とリニア売り込み、政府の支援必要 JR東海次期社長 
JR東海、新幹線などフロリダ州に売り込みへ
新幹線を売り込め 政府が“営業マン”派遣
JR東海社長、米国への高速鉄道売り込みに意欲
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

首相動静(4月1日)(時事通信)
<母子加算訴訟>解決へ国と基本合意(毎日新聞)
「まだ温かかった」虐待2歳児、診察の医師(産経新聞)
学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
セクハラ相談員がセクハラ ハローワーク課長を処分(産経新聞)
posted by ヤスオカ ユキ at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。